Got To Top
Instagram

新・農業人になってみませんか? Life with agriculture

家族と地方で農業と生きる。
自分を活かせる豊かな人生がそこにある。

畑や田んぼで家族といい汗を流す…
家畜の成長に我が子の姿も重ねて喜ぶ…
もちろんそれも、ご家族を重視したスローライフで
素敵な農業のスタイルですが、
それだけではありません。
農業には他にも営業、販路開拓、商品開発など様々な働き方があるのです。
「ええ?意外だった!」「それなら自分の経験を活かせるかも♪」
そんな希望をいだいたら、地方に移住して
自分の想いをかなえた人たちの
今が気になるはず!?

地方で農業を営みながら、
自分の理想の生活を楽しんでいる
2組のご家庭を紹介します。

case 01

北海道は子育てや
自分たちの生活にとって
理想的な場所でした

桐原 紘太郎さんKotaro Kirihara

東川町の綺麗な水と空気は子育てに最適。はっきりとした四季を感じられる大自然が生活のメリハリにつながっている。

北海道、大雪山国立公園の麓にある東川町。近年、移住を希望する子育て世代の関心も高いエリア。
2015年、この地に移住したのが、広告関係のデザイナーだった桐原紘太郎さんと、ヘアメイクをしていたまどかさん。元々は東京在住だったが、3.11を機に暮らしかたを変えることを決断。福岡県糸島市でカフェを2年間営み、その後、2人の娘とともに約2年間、各地を巡る「旅する暮らし」をした。
長女が小学校にあがるまでに定住しようと考えていた夫妻は、自分たちにとって理想的な場所が多いと感じた北海道への移住を決意。水と空気、そして子どもが育つ周辺環境という3つの要素を移住先の条件とし、半年間かけて道内全域をまわった末、東川町を選んだ。東川町は空気と水が格別に美味しい上に、盆地のため四季の移り変わりがはっきりしている。夏と冬にはまったく違う遊びがあり、メリハリのある子育てにつながっているそうだ。
小学校も、地元産の食材をつかったカフェテリア形式の給食や、一部にフィンランド式を取り入れた独自の教育プログラムを実施しているのも魅力。
古家を直してはじめたカフェも軌道にのり、理想とする暮らしを手に入れた桐原夫妻。けれども、家族と過ごす時間をもっと大切にしたいと、今後は、カフェの運営はスローテンポにしつつ、町の環境にかかわるワークショップなどを増やしたいと考えている。

写真:亀山ののこ

農業っておもしろそう! と
思った方にオススメの
イベント

農業EXPO 日本全国から自治体や農業法人などの農業関連団体が多数出展します。

農業界への就職・転職に
興味がある方に
オススメのイベント

農業就職・転職LIVE 先輩農業者や経営者に仕事内容や会社情報、待遇などを聞くことができます

case 02

やりたかった農業と
音楽を両立するために
この町に移住しました

織田 康嗣さんYasutsugu Oda

プロのドラマーだった織田康嗣さんと、化粧品会社でOLをしていた茜さんは、5年前、東京から高知県中西部の清流のまち、佐川町に移住。2017年から、この地で高糖度のトマトづくりを行っている。
康嗣さんは高知市生まれ。週末になると、佐川町にある実家に帰って農作業を手伝う父の背中を見て育ち、自分もいつかは農業をやりたいと思うように。そして結婚を契機に高知に帰郷。
高知県は新規就農者のバックアップ体制が整っており、織田さん夫婦は農業を基礎から学ぶために、「高知県立農業担い手育成センター」に入校。2年間の寮生活を経て、独立。
織田さんの園芸ハウスは、二酸化炭素発生器やミストなどを備えた地域でも先進的な施設だ。
最近、康嗣さんは農作業に慣れて余裕が生まれてきたため、音楽活動を再開。プロドラマーとして、関西まで演奏しに行くようになった。
一方の茜さん、移住して来た当初は、都会と田舎のギャップに戸惑っていたが、今では織田トマトのPRや経営セミナー参加のために、週末になると全国を駆け回っている。また、SNSで日々の思いやトマトたちの動画などの配信もしている。
「化粧品の仕事をしていたキャリアを生かして農家の女性たちのためにも働きたい。自分次第で新しい農家像をつくれると思っています」
茜さんも、康嗣さんに負けず劣らず、農業のあしたに熱い思いをかけて暮らしている。

写真:山下隆文
記事提供:『TURNS』(株式会社第一プログレス)

自然に囲まれた佐川町では、周辺環境のおかげもあり、ゆとりのある生活だけで無くドラムの練習も気を遣わずにできる。

いかがでしたでしょうか?
二家族の生活をご覧になって、
農ある生活に少しでも興味が湧いたら…

お気軽に ご参加ください!

農ある暮らしの第一歩

「新・農業人フェア」に参加してみよう

「新・農業人フェア」では、農業者の方にお話を聞いてみたり、サポートアドバイザーに移住に関する相談もできます。まだ農業や移住に関する具体的なイメージがなくても大丈夫。お気軽にご参加ください。もちろん、農業のお仕事情報も紹介していますよ!

農業の始め方やお仕事内容はいろいろ

農業の始め方は大きく分けて独立就農と雇用就農の二つがあります。独立就農は、自分が経営者となって農業を営む方法。雇用就農は、農業法人の従業員として働くスタイルです。仕事内容も、「栽培」「飼育」がイメージされやすいですが、そのほかにも営業、販路開拓、商品開発など、様々な職種があります。

農業っておもしろそう! と
思った方にオススメの
イベント

農業EXPO 日本全国から自治体や農業法人などの農業関連団体が多数出展します。

農業界への就職・転職に
興味がある方に
オススメのイベント

農業就職・転職LIVE 先輩農業者や経営者に仕事内容や会社情報、待遇などを聞くことができます
Got To Top